ブログ

疲れても「心の余裕がある人」に共通する事とは?

あなたは、やる事が目白押しだったり
やるべきことが押し寄せて
疲れたな~と思う時はありませんか?

私もあります。(^^)

子供がいて仕事もして
家族の家事もしている毎日なので
やることは沢山ありますから、
あ~疲れた!と思う時があります。

でもそういう時、私は(悪い意味でなく)

「人生に文句言ってるわ~~」

と思って、自分を見つめる事にしています。

なぜなら、子供も好きだし
仕事もしたいし、家事だって
気持ちよく過ごしたいために
やっていること

この日本では、それをしないと
牢屋にいれられるわけでもないし
処罰されるわけでもない

だから、はっきり言えば

「したいからしている」

ことばかりです。

紛争、空爆、戦争、難民、飢餓とかで
やりたいことができない人達が
この地球上に沢山居る中で

平和な国に住んで
これだけやりたいことをしまくり

疲れた~~とかストレスとか

これって、一体どんな文句??(爆)

と思うだけで、自分の人生が
「コメディ劇場」に見えてきて
気持ちに少し余裕ができるのです。(^_-)

私が、過去18年に渡り
7500人以上に会ってきて言えるのは

この「余裕」がある人ほど
人生の立て直しとか変化のスピードが
とにかく早い傾向にある
という事です。

では、この「余裕」って
どこから来るのでしょう?

実は、この心の余裕は

「自己責任で生きる」

というモードから来ます。

このモードは、成功者とか偉人と
言われる人達は必ず持っています。

地球上において
この平和で自由な日本において

自分で選んでこうなったなら
自分でなんとかできるはず

という究極の自己信頼

人生を変えていく余裕(スペース)
を作るのです。

ただこれには、上には上があって
なかなか思えないものもあります。

でも

余裕が無くなり視野が狭い人より
余裕があって視野が広い人
のほうが、様々な可能性を早く見つけ
早く変わる可能性が高い!

という事実は、心理学の様々な研究
からも証明されています。(^_-)

自己責任だと思うと
自分を責めてしまう・・
という人は、視野が狭くなりますので
それは真の自己責任モードでなく
大抵の場合、自己犠牲モードです。

自己責任モードで成功する人達は
視野を広くするために
「自己責任モード」
を利用しているのです。

自己責任と思える範囲が広いほど
人生が(自分で変えられると感じて)
より自由に感じられ、より視野が広がり
今までにない視点で動けるようになり
変化のスピード時速は早くなる。

だから、自己責任モードは
過去にとらわれない視野の広い
よりクリエイティブな波長です。

私の場合、この平和で自由な日本で
やりたいことを沢山やって
疲れてるなんて!?と
自分コメディ劇場にプププッ
となって、目の前を見れば

自由で平和な日本に住み、衣食住もあり

誰に強制されたわけでもない
自分で選んだ仕事をし

私を母にしてくれた娘や
一緒に生きてくれる夫がいて

長らくお付き合いして下さる
クライアントさんや、変化し
続けていく卒業生達がいて

私って最高に幸せだわ!!

と思うと、疲れが何か違うものに
なりはじめます(^^)

「今の状況は自己責任だと思う範囲」
を広げる事は

視野を広げ、変化を早めるだけでなく
感謝の泉が大きくなる魔法
でもあるようです。(^^)

そして、

そして自己責任モードを進化させ
人生も進化させていこうという人向けの
深層心理チェンジプログラム
が今秋からスタート致します。

私が米国大楽院カウンセリング学科を
卒業後、18年に渡り7500人以上に
会ってきた中で

私がどういう視点で相手を見て、
サポートしているかという部分を
一般の方にも使える様に
分かりやすくまとめたプログラムです。

自己責任モードをクリエイティブに使い
もっと人生が輝いていく人達が
ひとりでも増えたらいいなぁという
想いでスタートします。

それに共感して一緒に歩める人達が
集まり、共に進化していける場が
今から楽しみです。(^^)/

ただ、私に会ったことがない方は
そのプログラムに参加できませんので
内容にご興味ある方は、潜在意識チェンジ
プログラムの説明タイムも最後に付いている
ミニセミナーにまずはお越し下さい。

★2016年秋スタートの
潜在意識チェンジプログラムは満席となりました。
月数回配信されるメルマガで
様々なセミナーのご案内を致しますので
ご興味ある方は
自分らしすぎて笑える人生に興味ある?
7日間の無料メールセミナー
にご登録下さい。
(7日間が終わると月数回の配信です)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。



※解除は文末からいつでも可能です




おすすめ商品

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る