ブログ

意志力を使うな!実現が早い人の2つのルール

したい事、やりたい事を
叶えるスピードが特に早い人達が
必ずしている2つの事とは?

を今回はお伝え致します。

遅くてもいつでもいいの
という人には関係ない内容ですが
少しでも早くなったら嬉しい!
という人は凄く参考になります。(^^)

まず、向上心がある人であれば
もっとこうしたい!ああなりたい!
というのは、何かしらあるものですよね。

それを早く達成してしまえば
さっさと次の事をスタートして
更なる未来へと
時間を有効に使えますが

それを達成しないまま
永遠にウダウダしていると
ずっとそれに囚われ足止めされます。

次々達成して前に進む人は自然と
自分に自信が出てきますが、

やろうとして出来ない状態が続くと
人は自分に自信を無くします。

でも私が過去7500人以上に会ってきて
両者は大きく能力が違うとは思えません。

では、何が違うのか?

というと

それは・・・

早く達成する人ほど
「意志」をあまり使わず

変われない人ほど
「意志」を使おうとする

という事です。

え・・・・???

前者のほうが意志使ってるよね・・?

と思うかもしれませんが

そんなことはありません!

もう少し説明しますね。

実は、世界の研究から

意志の力は使えば使う程弱くなる

という事が分かってきています。

連続して色々な決断を迫られれば
脳が疲れて冴えなくなります。

つまり、言い換えると

意志力というエネルギーは
「本当に重要である事だけ」
に使うように日々心がける事

が非常に肝心なのです。

ですが意志というのは、無意識に
薄い紙を一枚一枚重ねるように
実は、毎日沢山使っています。

例えば、「今日何を着ようかな?」

と考えて決めるのも意志です。

ですから、アップルの創始者
スティーブ・ジョブズは
大抵いつも服が同じでしたよね。
黒トップスにジーンズが定番。

いま世界で活躍する日本人

クリエイティブデザイナー
佐藤可士和さん

デジタルクリエイター
猪子寿之さん

もスティーブ・ジョブズのように
基本、日々同じ服と決めており

それは本当に大切な事だけに
自分のエネルギーを集中させ

良いアイデアが出やすくする為
だそうです。

イチローが毎日同じものを食べ
同じ手順で靴を履いて
同じルーティーンで過ごす事を
大事にしているのは有名ですが

それも同じ原理だと思います。

つまり、本当にやりたいことを
どんどん実現していく人は

見えない「意志力」「決めるエネルギー」
の細かい枝葉まで払って
幹にしっかり栄養を送り

大事な幹が太くなるように、毎日
ものすごく気を使っているのです。

枝葉が生い茂る木は、
幹が細くて弱く、風で倒れやすいもの。

同じことは、人間にも言えます。

なかなか変われない人は、
へこたれやすいのですが、その理由は簡単!

まず、必ずといっていいほど
やりたい事、なりたい事を目の前に

「できるか、どうか?でも・・」
「やろうか、どうか?ただ・・」

とかで長時間悩みます。

これは例えるなら
「服を着ようかどうか問題」を
長時間悩み服を着ないのと同じ次元。

Aさんは、服が決まっており
それをサクっと来て
温存したエネルギーも意志力も
真にやりたい事に使います。

だからこそ、山谷を超える力があり
真に大事な事はどんどん洗練されてきます。

Bさんは、どの服を着ようかどうか?
着るか着ないか?の次元で延々迷って
悩んで意志力も時間も使いまくり
行動に入る前に、エネルギーを浪費。

だから、やると決めた頃には、
エネルギーが残っておらず
山谷にへこたれてしまい
力尽きて前に進めないのです。

真にやりたい事・したい事に
時間とエネルギーを
温存させ研ぎ澄まして
やりたいことを実行する人と

真にしたい事ややりたい事の手前で
ああなったら?こうなったら?
やるべきかどうか?
できるだろうか?と
悩み、疲れ、まだ動けない人

1年後、3年後は、どう違うでしょう?

わかりますよね?

全然違います!

5年後になったら
これは違う星か?
というくらい違う人生です。

やりたい事を出来る人は

時間もエネルギーも意志力も
枝葉には極力使わない!

言い換えると

真に大切な「幹」に、多くの
時間もエネルギーも意志力も使う!

という事に忠実です。なぜなら

今の自分に必要な事だけに
しっかりためておくからこそ

本当に大切なところで
研ぎ澄ました力を発揮できるから。

だから、なんでも自分でやろうともしません。

例えば、イチローが
健康維持のための日々の食べ物が
大事だと分かっても

自分で栄養学を、手あたり次第
学ぶ事に時間を長く使う選択はせず

そこはプロに任せて、最高の
食生活を最速で手に入れて

本当に自分がやりたい事だけに
自分の時間とエネルギーを割く!

人という字は、人間が支え合う姿
を現しているといいますが

ひとりで頑張る=1

ではなく、

支えあう=人

(自分は栄養学や筋トレの
プロにお金を払ってその人を支え
その道のプロは、その人が最速で
良い結果を出せるように支える)

になる事で、自分も世の中も
上手く回っていくのだという事も
良く分かっています。

というわけで、

早く変化する人は

真の幹だけに日々
時間とエネルギーを
温存させて研ぎ澄まし
人と支え合って変わろうとし

あまり変化しない人は

幹以外(枝葉系)に日々
時間とエネルギーを浪費
そうやって疲れてきた状態で
ひとりで変わろうとし続ける

これが特徴的なのです。

体力と時間が無限にある(と思い込んだ)
若い頃ならまだしも

歳を重ねるほど
いつまで生きているか?
もわからないのに

ウダウダしていたら
あっという間に数年経っています。

命という「時間」は
100億円積んでも買い戻せません。

もし、何かを変え、何かを達成し
次のステージへ上がっていきたいなら

まず幹を見極め

枝葉を思い切って沢山切り落とし

上手く人の力を借り

自分の意志や時間やエネルギーを

真にやりたい事へ向けて使う事!

を意識していきましょう。(^^)

自分らしすぎて笑える人生に興味ある?
7日間の無料メールセミナー

魔法心理学アカデミーのカリキュラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 18日
コメントは利用できません。



※解除は文末からいつでも可能です




おすすめ商品

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る