ブログ

薬より効果あり!「やりたい事」を大事にすると手に入る7つの利点(世界の研究から)

「やるべきこと」に追われて、ついつい
「やりたい事」を先延ばしに・・・
という事、ありますよね。

「やらなくてはいけない」

「やりたい」
の違いが、あなたの人生に、
具体的にどういうインパクト(影響)
を与えるか知っていますか?

心理学者のランガーとローディンによる、
ある老人ホームの人達を
2つのグループに分けた実験から、
今日はその影響をお伝えしたいと思います。

Aのフロアで暮らす入居者には、
生活スケジュールを決めることに始まり、
必要なありとあらゆることを、
介護者がやるようにしました。

Bのフロアで暮らす入居者には、
好きな植物を選んで置くようにし、
その植物の手入れもしてもらう、
みんなで見る
映画の内容や上映時間、
どのように人と会うか?など、
ある程度の責任と選択の自由
を与えました。

その結果・・1年半後、

ものすごく大きな差が生まれました。

どうなったと思いますか?^^

1年半後、

誰の目から見ても、

Bのグループのほうが、
・ずっと健康状態がよく
・活発で
・自信があり
・機敏で
・陽気で
・落ち込みも少なく

なりました。

そして、最も注目すべきは、生存率の違いです!

Bのグループのほうが、Aのグループより生存率が
「 」倍高くなり、
その差は歴然としていました。

さて、どれくらいだったと思いますか?

答えは・・・

責任と自由のあったBグループの生存率は、

全てのサポートを与えられたAグループ

と比較して

生存率が「2倍」も高く、

寿命が長くなったのです。

これは、どんな薬よりも効く気がしますね。^^

実は似たような結果が、
動物を使った研究でも出ています。

「やりたい」という気持ちや選択を
脇に置きすぎると、エネルギーが落ちて、
「やりたいこと」が
どんどん分からなくなってくるものです。

もしあなたが、
「やらなければ」「やるべき」
を優先しすぎていたら、

忘れずに「やりたい」も
予定にいれておきましょう!(^_-)-☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



※解除は文末からいつでも可能です




おすすめ商品

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る