ブログ

想いが叶うか叶わないか?は、ココで分かる!

ここ数年「好きな事をして食べていきたい」
という想いを持つ方の相談が増えてきました。

私は起業してから10年以上が経つので
昔を懐かしく思いながら話を伺うのですが
確かに

やりたい事をして食べていけている人

そうではない人

には、大きな「考え方&生き方の差」があります。

その差とは、何だと思いますか?

ヒントは

「~~が真逆の方向を向いている」

何かが真逆だと

結果も真逆になりそうな予感・・

はしますよね。

実はこれ
「意識を向ける先が、真逆の方向を向いている」
なのです。

例えば

やりたい事をして食べていけるようになる人が
いつも考えているのは

「どうしたら、これを仕事としてやって
いけるようになるかな?」
「どうしたら、お客さんにもっと
喜んでもらえるかな?」

つまり

「想いが叶った未来」を思い描いている
思考や言葉、行動が特徴的。

逆に、うまく行かなくなる人は

「本当にできるのかな・・」
「もし上手くいかなかったら、どうなるかな?」

という

「できない未来」を思い描いた
思考や言葉、行動が特徴的。

そして、この差が
大きく行方を左右してくるのは

「何かに失敗した時」
「上手くいかなかった時」です。

赤ちゃんが初めて立とうとする時、
なんども転ぶように

大人が初めて何かをする時だって
最初から上手く行く事なんてありません。

つまり、最初は誰でも、
何度も転ぶ時期があるわけですが

前者の「できる未来」を見ながら
自分に問うている人は

「どこを良くすればよかったのかな?」
「ここを変えてみればいいのかな?」

と次のヒントにして、またすぐ試そうとします。
(改善する事も楽しんでいる節があります)

ところが

「できない未来」に意識が向く人は

「何が悪かったのかな」
「どうして、こうしてしまったんだろう・・」
「またそうなったら・・」
「もしこのまま、上手くいかなかったら」

と、もっと悪くなる未来を想像するので
足がすくむのです。
そして、ここで行動が止まり始めます。

例えばですが

(転ぶ未来に焦点を当てて)
また転んだら・・と怖くなり
足がすくんで立たなくなる赤ちゃん

(歩ける未来に焦点を当てて)
「これでダメなら、もっとこうやったら
立てるかな?」と挑戦し続ける赤ちゃん。

どちらが早く立つかというと・・?

結果は明白!!

それは

歩ける未来に焦点を当てて
行動し続ける赤ちゃん!

能力に大差があるからではありません。

これが、大人にも起こるわけです。

実は、人生は

「意識を向けている方に現実が作られていく」
様にできています。

例えば

あなたが誰かに
「今日は、赤色を見ないようにして下さい」

と言われたら、その日は何故か

「あ、ここにもあそこにも赤が!」と

普段より赤色が見えてくる現実に直面します。

それはなぜか?

「赤を見ない様に、赤色を意識してしまうから」

更に、

もしあなたが車で、何もない砂漠を
真っ直ぐ走っている
とします。

でも、左手に気になる何かが見えていると

真っ直ぐに走っているつもりなのに

車が無意識に、左へどんどん寄って
いってしまう
事も分かっています。

つまり、気になる方=意識した方に
あなたの現実は向かうのです。

お勤めをして組織という大きな乗り物に
乗っていると、自分の見ている先が
自分の人生に大きなインパクトを与える
という事を気付きづらいものですが

独立・自立してしまうと、

自分の車は、自分で運転する事になります。

そこでは、自分のハンドルさばきが全て!

自分の視線の先=ハンドルの向け先=未来

となるので

自分の「意識の向け先」には超真剣!!
にならざるを得なくなるのが
起業というものです。

でも、ここで

「ひゃっほ~~!」「イエーイ(^^)v」
と行きたい所へ行ける

その「自由」を手に入れて

楽しそうで充実した人達の顔を見ると

その「自由さ」がキラキラ輝いて見える~!

だからやりたい事をして生きたい

という感覚は分かる気がします(^^)

「見る先が、行く先の法則」

言い換えるなら

「意識する先が、行く未来の法則」

これは、誰にでも当てはまる法則です。

人生が、
ちょっと違う方向に来てるかも?
思う方向に動いてないかも?
と思ったら
改めて意識してみて下さいね(^_-)-☆

ちなみに、起業して
10年以上食べていける人達には
他にも何個か特徴があります。

それはまた、今後のメルマガ等で
書いていきたいと思います(^^)。

 

魔法心理学アカデミーの学科やカリキュラム

自分らしすぎて笑える人生に興味ある?7日間の無料メールセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。



※解除は文末からいつでも可能です


最近の記事

CATECGORIES

ページ上部へ戻る