ブログ

「お金の使い方」が幸福度を左右する~あなたのタイプは?~

今日は、世界の研究を元に

お金の使い方と
人生の幸福度の関係

money2

について書いてみようと思います。

良い悪いではなく、誰しも
お金の使い方の傾向
があります。

というわけで、

まずあなたが、どちらタイプに
当てはまりそうか
以下で答えてみてください。

Aタイプ
好きな家電や洋服・靴
(またはあなたの好きな物)
に12万円なら払えるけど

目に見えない経験や学び
(例えばセミナー等)に

12万円払うかというと・・・
(まず払わないかも)

Bタイプ
12万のものを買うのは
何であれ、かなり慎重になるけど
(壊れた時とかでないと
めったに買わないけど)
興味のある経験や学びなら
割と12万払う

Cタイプ
12万円という数字をみたら
究極的に困らなければ、
まず買わない(やらない)方向で考える

さて、あなたは、
どちらかといえば
どのタイプ寄りでしょうか?
過去どちらをが多いか?が
その答えになると思います。

誰も見てないので、
「こっちかな~?」
と大体決めましたか?

決めたら先に進みます!

Aタイプのあなたは
「目に見える物に使いやすい派」

Bタイプのあなたは
「目に見えないものにお金を使う派」

Cタイプのあなたは
「お金を多く使うものは基本避けやすい派」

に寄り気味ということがいえます。

日々のお金の使い方は
あなたの無意識の傾向が
モロに現れる
ため
まず傾向を認識してみる事は
すごく意味があります。

たとえば、Cタイプの人は
人生の価値観が、
「やりたいか、やりたくないか?」
というより、
「お金を多く使うかどうか」
という怖れに決定が支配されやすい。

なので、このタイプは、
人生のマイナスが極まった時
ゼロに戻すために
お金を使います。

例えば

夫婦の不和を改善するため
時間やお金を投資せず
離婚することになって
離婚のイザコザ解決に
お金がかかるとか

体調不和を改善するために
時間やお金を使わず
必死に働き続けて体調を壊し
入院や手術にお金がかかる

というように
使わざるを得なくなってから
使う人生になりやすいです。

つまり

お金の使い方=生き方

でもあり

お金(や時間)の使い方は
自分が
どういう人生にするかの選択

なのです。

ちなみに、世界の研究では、

「物(物質)を買う」

ことではなく

「経験や学び等、目に見えないものを買う」

ことにお金を使っている人の
幸福度が高いことが
分かってきています。

物はすぐに飽きてきますし
感動も薄れてきますが、

経験や学びは
一生記憶に残りますし
一生活かせます。

つまり、

長い期間にわたって
人生の幸福度に
影響してくるからではないか

と考えられています。

さらに、

私が過去7500人以上と
会ってきて思うのは
旅行や学び、経験など

目に見えないものにお金を使う
タイプの中も、さらに
2つのタイプに分かれており
生き方にも、結構違いがある

ということ。

では、どう違うのかというと
その続きはこちら↓
「お金の使い方」が幸福度を左右する Part2

自分らしすぎて笑える人生に興味ある?7日間の無料メールセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 23日
コメントは利用できません。



※解除は文末からいつでも可能です




おすすめ商品

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る