ブログ

「しつけ」でなく「仕組み」が人を動かす!

2~5歳でも自分で脱いだ衣類や上着を、
すぐハンガーにかける習慣が
できている子と、できない子
がいるという事実を
あなたは知っていますか?

この時期できるようになれば、
その後もできる子に、
そうでなければ出来ない大人に・・

では一体その違いはどこからくるのか?

実はこれ、親が意識して

自然とできる仕組みを作れたかどうか?です。

「しつけ」ではなく「仕組み」です。

家族や他人を動かすのは、
言葉ではなく、
無意識に自然と動いてしまう仕組み
にあり!

そもそも言葉で注意していると、
言っている方が、疲れますよね。
そして言っても、大抵、効果なしです。
(言われる方もイヤ)

でも、無意識にできるような
その仕組化に成功すれば
子供だけでなく、大人や
周りも自然と片付けるようになります。

これだけで、今後の人生どれだけラクになることか!

さらに、これ、ひとり暮らしであっても
自分を動かす仕組みは同じですし
仕事でも同じことが言えます。

人生全般に言えることだなと思いますが、
片付けひとつとっても

散らかるのを注意する・イライラする・その度に片づける
→対処療法

仕組みで片付くようにしてしまう
→根治療法

対処療法のエンドレスループ好きな人は、
そのままでいいとしても、

根治療法したい人は
その都度頑張ったり、イライラする暇があれば
仕組みや手法を
サクっと取り入れ、解決していく。

それが一番だなと思います(^_-)-☆

魔法心理学アカデミーでは
子どもでも、大人でも
これなら無意識にできる!
というレベルに落とし込む事を
大事にしています。

また、
自分や家族を深層心理から動かす
片付けの仕組みは
片付けの魔法心理学科
で教えていますので、
ご興味あれば、一度ご覧下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 9月 24日
コメントは利用できません。



※解除は文末からいつでも可能です




おすすめ商品

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る