ブログ

褒めて、子供の可能性を潰す親・伸ばす親

思いっきり昭和生まれ、魔法心理学
アカデミー校長の桧良手とも子です。

今日は「昭和生まれ、あるある」と共に
(多分、平成でもあると思いますが)

ちょっと怖い、褒め方の話をしていきます。

先日公開したブログ、
人間の解釈は、脳内の記憶量で決まる!
を読んだ方々から

「過去の記憶が大事ということは、
やっぱり褒めて育てる事は大事なんですね」

という声を頂きました。ただ

手放しに「褒める=いい事」でもありません。

私が18年やってきたカウンセリングや
多くの年齢退行療法の事例から見る限り

「褒める事」は

親が良かれと思って子供によくやる事で
逆効果や悪影響にもなりやすい事

トップ3の中のひとつ

つまりリスクも高い事と言えます。

「どう考えても良さそうにみえる
いかにも害のなさそうな、褒める事」

にこそ、実は大きな盲点があるからです。

 

褒めることは「いい子の呪いに繋がりやすい」

褒める事は、包丁のように、使い方次第で
相手を生かせもすれば、殺せもする道具
だと思っておいて欲しいのです。

褒める事の、落とし穴やリスクの一つ。

それは、褒め方次第で
「いい子でいなければ・・」という

いい子の呪い

へ繋がりやすいということです。

例えば、昭和生まれ世代には、かなり
顕著なのですが、子供時代を振り返ると

「褒められた事は、ほとんど(あまり)ない」

「いい子でないと、怒られたり注意される」

「だから本当の気持ちは抑えて、我慢して
 どこかいい子を演じていた」

「いまでもどこか無意識で、いい子
 (大人になると、いい妻(夫)
 いい母(父)、いい社員、いい女)
 でなければと思って、無理してしまう・・」

という方は、とても多いです。

そして幼少期に「良い子の呪縛」にはまると
これは大人になっても永遠に適用され、例えば

「いい子(大人になると、いい妻(夫)
いい母(父)いい社員、いい女でいなければ」

「その為に、本音は抑圧して生きる」

というような、子供時代に習慣化した傾向が
無意識に当たり前になります。

この良い子の呪縛にはまると

「本当に自分がどうしたいか?」
「どう感じているか?」

は、よくわからなくなりがちです。そして

「どうするべきか?どうした方がいいか?」
「良い子(妻・母・社員等)でいるには?」
「何が正しいか?どうすれば周りに迷惑でない?」

で、物事を判断しがちになります。

そんな傾向、あなたにもありませんか?

これは、幼少期の親の褒め方から来る

「よい子の呪いが、いまだ解けていない」

ということでもあるのです。

 

いい子を強調して何かをやらせようとする落とし穴

もう少し詳しくお伝えしますね。

たとえば、子供が幼少期に、日本の親が
連呼しがちな(そこら中で見る風景ですが)

「いい子だから~~しようね~」
「~するなんて、いい子ね~」

いい子を強調して
(今できてない)何かをやらせようとする。

この、スタンダードすぎる、あるある表現。

このおかしさが、即ピンとこない人は
「あ、私、いい子の呪いかかってるわ」
と思ってください(^^)。

これは、大人の場面に当てはめてみると
この表現のおかしさが理解しやすいので
やってみますと

◆パート1 「~するのは、いい子」を大人版にする

(例)
仕事が忙しくて家事がままならない
あなたに、あなたのご主人が・・

「料理は全部手作りするのが、いい女だよね」

「部屋が散らかってないのが、良い妻だよね」

言われた身になると、どうですか?

◆パート2 「いい子だから~しようね」を大人版にする

(例)
育児と仕事と家事で忙しい日々を
送っている時、配偶者があなたに

「君は良い妻だから、家事も育児もひとりでこなせるよね」

あなたはどう感じるでしょうか?

「相手を思い通りにコントロールしたい」
というような意図が強いと

コントロールのほうが全面に伝わります。
(それが本意なので仕方ないですが)

でも、親の言い方に対して子供は
「なんか、その言い方おかしくない?」
と言う事ができませんし

もし「おかしくない?」といってもほぼ99%
の親は「おかしくないでしょ」で済ませます。

なぜなら
自分が親に言われてきたことだから
それが普通でしょ?何が変なの?と思うからです。

子供の頃は、されたら嫌だったことを
親になるとすっかり忘れて
正しい気分で堂々とやってしまう背景には

昔、同じ事を言われていた体験(記憶)が
あなたの記憶の奥底に沢山眠ってる事や

そういう風景が「割と当たり前の日常だった」
ということを示しています。

暴力など明らかに悪いものは気づけても
一見良さそうに見える事や、正しく見える事ほど

あなたは無意識にそれを堂々と
後世へ伝承させてしまうのです。

親にあまり褒められなかったし、時々こういう
妙な褒められ方をされてきている人にとって

一見簡単そうに見える「褒める」は
実はとても難易度が高いものです。

 

大人相手の褒め方と、本質は同じ

ただ、今日まずひとつ覚えておいて欲しいのは

「大人相手に言うとしたら
この言い方(文章)ってどうだろう?」

と一度考えてみる視点です。

「大人相手なら、嫌な気分にさせるかも」

「大人に当てはめたら、おかしな褒め方?」

と思うような「褒め方」は

子供の未来を息苦しくさせてしまう
褒め方可能性大なので、控えましょう。

ちなみに

「子供や夫(彼)を褒めているのに
 うまくいかなくて・・」

という人の褒め方を聞くと

自分が上手に褒められてこなかったせいで

大体この「おだてたコントロール褒め」系を
無意識にやっていて、かつ気付いていません。

こうして、無意識に
「いい子の呪い系、声掛け」
を自然としていて、全然気付かない人達は

無意識のままだと、このままそれを
後世に伝承していく担い手となります。

それはあなたが「真に求める事」でしょうか?

「YES」というの人は、ここで終わりですが

「違います!」の人は、先に読み進んで下さい。

いい子の呪いという存在に気付き

「これは、後世に伝承させたくない」

と思い始めた人からよく出る質問が

「多分自分にとってそれが当たり前すぎて
やっていても、それに気付けない気が・・・」
気付くにはどうしたらいいですか?」

です。(そこに気付けただけでも前進です!)

ここで思い出してほしいのが

海外の文化に触れて比較することで
「あれ?日本ってこうなんだな!」
とよくわかる事が、多々ありますよね?

日本国内にいて、日本文化だけを
見つめていても永遠に分からない事が
海外に行くと「なんだ、これは選択の
ひとつでしかない」と、スっとわかってくる。

それと同じで

自分の「無意識の当たり前」を出たいなら

自分にとって当たり前でないと感じる
色々な事例(できれば役立つ事例)に
出来るだけ多く出会うようにする!!

これが、呪いに気付けるようになるための
ひとつの早道です。

※ひとつだけ気を付けて欲しいのが
 いい子の呪いに気付けない人が、
 凄い呪いを使う人のやり方に感心して
 しまうケース。年上・経験豊富=正しい
 ではないので注意しましょう。

ひとりで考えこむと見えなくなります。

違う世界や、違う事例を沢山見る事で

自分に気付けばいいのです。

もっと、心の世界の海外旅行やら留学を
沢山してみてくださいね(^^)。

そして

様々な事例や、親子の心理学、そして
我が家の事例も盛り込みながら
人生に渡って良い影響を与え続ける
褒め事例もお伝えするグループセッション

これも「心の世界のプチ海外旅行」ですが

今月だけの開催で今後の予定はありませんので
もしご興味あれば、気軽にお越し下さい。

実は私も

昔は「いい子の呪い」がかかっていました。

そんな自分の異変がきっかけとなり
心理学の世界に入ってかれこれ20年。

多くの手法を学び、多くの事例を見ながら
呪いを自らの手で外してこれたのが幸いで

子供との接し方は、母が私にしたやり方と
全然違います。

褒め方も、接し方も、叱り方も
母とは多分「住む星が違うレベル」だな
と思います。

いい子の呪いに、かかった人の気持ちが
凄くよくわかる私ですが、呪いは解けます。

「いい子の呪い」を肥料に出来れば
なかなか良いものが育つのです。(^^)v

グループセッション等でお話する方には
そんな体験もお伝えできればと思います。

◆特別グループセッション (11月)
子供を苦しめやすい褒め方
人生に良い影響を与える褒め方などを
具体例と共に、明日から使える内容でお届けします。
http://kawaritai.jp/groupsession/

魔法心理学アカデミーの学科やカリキュラム

自分らしすぎて笑える人生に興味ある?7日間の無料メールセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。



※解除は文末からいつでも可能です


最近の記事

CATECGORIES

ページ上部へ戻る